コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリンの画家 ベルリンのがかBerlin Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリンの画家
ベルリンのがか
Berlin Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。前500~前460年頃にアテネで活躍。その名称は『ヘルメスと2人のサチュロス』を描いたドイツのベルリンにあるアンフォラに由来する。画面を枠取りせず,直接像を浮き出させる画風から,この人物の作と推定される作品が約 200点残されている。他の著名な作品は『キタラを弾く人』(メトロポリタン美術館),『海を渡るアポロン』(バチカン美術館),『アキレスとヘクトール』(大英博物館)。(→赤像式陶器

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルリンの画家の関連キーワードアキレウスの画家コルウィッツ赤絵式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android