コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤像式陶器 せきぞうしきとうき red-figure pottery

1件 の用語解説(赤像式陶器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤像式陶器
せきぞうしきとうき
red-figure pottery

古代ギリシア陶器の一様式。赤絵式陶器ともいう。絵の部分を明赤褐色の素地のままに残し周囲を黒く塗りつぶして,絵の内部の線を細い筆で描いて抑揚をつけて仕上げる。この新技法は前530~前520年頃に現れ,それまでの黒像式陶器に比べて非常に自由で豊かな表現力を有する描法であったため,黒像式に代わって隆盛し,パルテノンの時代にかけて頂点に達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤像式陶器の関連キーワード硬質陶器京都ギリシアローマ美術館赤絵式陶器ギリシア喜劇黒絵式陶器アンドキデスの画家古代ギリシア文字譜コリント式陶器プロト・アッティカ式陶器プロト・コリント式陶器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone