コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレニケ3世 ベレニケさんせいBerenikē III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレニケ3世
ベレニケさんせい
Berenikē III

[生]?
[没]前80
ギリシア語のフェレニケ (「勝利をもたらす者」の意) のマケドニア語形で,エジプトのプトレマイオス9世ソテル2世の娘。謀略にたけ,プトレマイオス朝エジプトの混迷期に活躍。最初プトレマイオス 10世アレクサンドロス1世と結婚し,前 101年に第1王妃が死ぬと勢力を伸ばしはじめ,前 89年にアレクサンドリア市民の反乱で夫が追放され,殺害されると,翌年エジプトに戻り,退位させられていた父と結婚し,2人でエジプトを統治した。しかし父の死後,息子のプトレマイオス 11世と争い,殺された。息子もアレクサンドリア市民に殺されて,プトレマイオス王家の直系は死に絶えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベレニケ3世の関連キーワードプトレマイオス11世アレクサンドロス2世プトレマイオス10世アレクサンドロス1世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android