ベンカトラマン ラマクリシュナン(英語表記)Venkatraman Ramakrishnan

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
結晶学者,構造生物学者 MRC分子生物学研究所グループリーダー

国籍
米国

生年月日
1952年

出生地
インド・タミール・ナドゥ州チダンバラム

学歴
マハーラージャー・サヤジーラーオ大学〔1971年〕卒

学位
博士号(オハイオ大学)〔1976年〕

受賞
ノーベル化学賞〔2009年〕,ルイ・ジャンテ賞〔2007年〕

経歴
1976年オハイオ大学で物理学の博士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校で生物学を学ぶ。’78〜82年エール大学、’83〜95年ブルックヘブン国立研究所を経て、’95〜99年ユタ大学教授。’99年より英国のMRC分子生物学研究所グループリーダー。生物の生命の維持に欠かせない細胞内にあるリボソームを研究、リボソームの結晶にX線を当てて結晶内部の原子配列を決める手法を駆使して、リボソームの各部品の構造と機能を解明した。2009年トーマス・スタイツ、アダ・ヨナットとともにノーベル化学賞を受賞した。ナイト爵位を叙せられる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android