ベンゾチアゾール

化学辞典 第2版「ベンゾチアゾール」の解説

ベンゾチアゾール
ベンゾチアゾール
benzothiazole

C7H5NS(135.18).N,N-ジメチルアニリンと硫黄とを加熱するか,o-アミノチオフェノールとホルマリンとの反応で得られる.キノリン臭のある液体で,水蒸気蒸留される.沸点227~228 ℃,131 ℃(4.5 kPa).1.246.1.6379.エタノール二硫化炭素に易溶,水に難溶.中性を示す.五塩化リンを作用させると2-クロル誘導体を,混酸ニトロ化すれば6-ニトロ誘導体を与える.[CAS 95-16-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android