コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーサラ型建築 ベーサラがたけんちくVesara style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーサラ型建築
ベーサラがたけんちく
Vesara style

インドのヒンドゥー教ジャイナ教の寺院建築様式を地方的特色によって3区分する場合の一つで,中間型,チャールキヤ型,ホイサラ型ともいう。デカングジャラート,マイソールなどの地域において,主として 10~13世紀に発展した。ナガラ型およびドラビダ型とは対照的にビマーナ (本殿) が目立って低い。また星型プランの内陣,中央広間のおよそ3方に配置される祠堂,低いピラミッド状の塔,精巧な窓,重層式の基壇,豊富な装飾,太い丸柱なども特徴。代表的遺構にはイッタギのマハーデーバ寺,ソームナートプルのケーシャバ寺,ハレービードのホイサレシュバラ寺などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベーサラ型建築の関連キーワードインド建築シカラ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android