コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートシェアリム Bet She`arim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベートシェアリム
Bet She`arim

イスラエル北部,エスドラエロン平野の西端にある,考古学上の遺跡,農家協同組合入植地(モシャーブ。→キブツ)。古代のベートシェアリムは,1936年に創設された今日の入植地の東北東 5kmに位置し,ユダヤ教にとって重要な遺跡である。3世紀初期からユダヤ人の中心的埋葬地となり,異境で死亡した有力者も多く埋葬されたが,4世紀に破壊され,1875年に発見されるまで忘れられていた。古代パレスチナシナゴーグ(礼拝堂)や,カタコンベ(地下墓地)などの遺跡で有名である。2015年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android