コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーハム Beham, Hans Sebald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーハム
Beham, Hans Sebald

[生]1500. ニュルンベルク
[没]1550. フランクフルトアムマイン
ドイツの画家。 A.デューラーの後期の作品の影響を受けた版画挿絵を多く残した。ミュンヘンの宮廷画家となった弟のバルテル (1502~40) ,ゲオルク・ペンツ (1500頃~50) とともにデューラーの画房にいたといわれる。無神論的言動のため一時ニュルンベルクから追放され,のちフランクフルトアムマインに移った。神話,聖書,寓話に取材したものが多く,壁に飾るための大作もある。作品は『ダビド物語』 (34,ルーブル美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベーハムの関連キーワードバーナード ラガトシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスグラント ハケットシンディ クラッセンアスベル キプロプイレイン ブストデニー モリソン孫 楊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android