コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーンポンプ vane pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーンポンプ
vane pump

回転子内にケーシングに内接するベーン (羽根) をもち,ベーン間に吸込んだ液体を吸込み側から吐出し側に送り出す形式のポンプ。ベーンはロータの外周上半径方向に等間隔につけられた溝の中で自由に動く平らな長方形であり,ロータはこれを囲むケーシングとある偏心量をもって取付けられる。ベーンはロータの回転による遠心力によってケーシングに押しつけられて回転するので,ベーン間の空間は回転につれて容積を変化する。またベーンは吐出し圧力によって押上げられて常に接触しているので,摩耗してもポンプ作用が行える点に長所がある。普通,70 kgf/cm2 以下で使用されるが,140~175 kgf/cm2 のものも製作されている。構造上多くの機種があり,スイングベーンポンプ,ローラポンプ,スリッパポンプなどもその変形である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のベーンポンプの言及

【ポンプ】より

…油圧機器用の高圧プランジャーポンプも同様な原理である。(2)回転ポンプ ケーシング内で特殊な形状をしたローターを回転させる形式のもので,歯車ポンプ,ベーンポンプおよびねじポンプが主要なものである。歯車ポンプは図4に示すように歯車が容器内でかみ合いながら回転し,歯とケーシング壁の間の空間に液体がはさまれ,吸込側から吐出側へ送り出されるものである。…

【油圧ポンプ】より

…これは,一つには液体の圧力が高いことに基づいており,このため,油圧ポンプとしては原理的に高圧での作動に適している形式のポンプが用いられる。ポンプ作用部の構造により,油圧ポンプは,回転式(歯車ポンプ,ベーンポンプ,ねじポンプ)と往復式(ピストンポンプ)に大別され,また別の分類として,ポンプ軸1回転当りに押し出す液体体積(押しのけ容積)が変えられる可変容量形と,それを変えられない定容量形とがある。ピストンポンプ,ベーンポンプに可変容量形があり,油圧装置の効率を重視する用途に用いられる。…

※「ベーンポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベーンポンプの関連キーワード容積式ポンプ回転ポンプ油圧ポンプ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android