コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペギー葉山 ぺぎーはやま

3件 の用語解説(ペギー葉山の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ペギー葉山

日本の女性歌手。1933年、東京・四谷生まれ。青山学院高等部を卒業し、52年「ドミノ/火の接吻(Kiss of fire)」でデビュー。54年には「第5回NHK紅白歌合戦」で紅白初登場を果たす。58年、ミュージカルあなたの為に歌うジョニー」で芸術祭個人奨励賞を受賞。59年「南国土佐を後にして」が大ヒット。60年「ドレミの歌」を自身の訳詞で発表し、同歌の日本語スタンダードとなった。64年「学生時代」がロングセラーとなる。80年、アルバム「万葉の心を求めて」で日本レコード大賞企画賞を受賞。91年には日本レコード大賞功労賞を受賞した。93年、歌手生活40周年を迎え芸術選奨文部大臣賞を受賞。95年には紫綬褒章を、2004年に旭日小綬章を受勲。07年には社団法人日本歌手協会会長に就任した。2014年6月までのレコーディング数は約2000曲、レコード発売枚数は約200枚にのぼる。

(2014-7-3)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ペギー葉山 ペギー-はやま

1933- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和8年12月9日生まれ。昭和26年ジャズバンド渡辺弘とスターダスターズの専属歌手となり,翌年「ドミノ」でレコードデビュー。34年NHK高知放送局の開局記念でうたった「南国土佐を後にして」が大ヒット。以後「学生時代」「ドレミの歌」「ラ・ノビア」などをヒットさせる。平成5年芸術選奨文部大臣賞。19年日本歌手協会会長。夫は俳優根上淳(本名森不二夫)。東京出身。青山学院女子高等部卒。本名は森シゲ子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

ペギー葉山


芸名
ペギー葉山

性別
女性

血液型
A

出身地
東京都

デビュー年
1952

職種
音楽

プロフィール
東京都出身。1952年にデビュー。1958年にNHK高知放送開局に歌った『南国土佐を後にして』が100万枚の大ヒット。ヒットソングも数多く、その中でもミュージカル『ザ サウンド オブ ミュージック』の中の『ドレミの歌』の日本語作詞を手がけ、以後子供たちに愛唱されている。そのほかのヒット曲に、『ラ・ノビア』『つめ』『学生時代』など。受賞歴も多数。

デビュー作
『ドミノ/火の接吻(Kiss of fire)』

代表作品
シングル『ドレミの歌』 / シングル『つめ』 / シングル『ラ・ノビア』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

ペギー葉山の関連キーワード晩年伊豆の踊子丹下左膳ガボールガルモ[山]シュナーベルベーテ谷崎潤一郎ディクソンイディオ地向斜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペギー葉山の関連情報