コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペシャワル博物館 ペシャワルはくぶつかんPeshāwar Museum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペシャワル博物館
ペシャワルはくぶつかん
Peshāwar Museum

パキスタン北部のペシャワルにある博物館。 1907年開館,65年に再編。ペシャワルはガンダーラ美術の中心の1つであり,タフティ・バイ,ジャマールガリー,サハリ・バロールなどから出土したガンダーラの浮彫や丸彫の彫刻を多く収蔵する。青銅の『カニシカ王舎利容器』は特に著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android