ペッファー(英語表記)Wilhelm Pfeffer

世界大百科事典 第2版の解説

ペッファー【Wilhelm Pfeffer】

1845‐1920
ドイツの植物生理学者。グレーベンシュタインの薬種屋の息子として生まれる。家庭教師による教育,ギムナジウムでの教育を受けたのち薬剤師試験に合格。ゲッティンゲン大学マールブルク大学で化学,薬学,植物学を修める。のち植物生理学者ザックスJ.von Sachsに師事。ボン,ライプチヒ大学などで教育に従事。浸透圧定量化屈性走性,運動生理学,酵素化学など幅広い研究を行い,現代植物生理学の基礎を築く。日本の植物生理学にも大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android