コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッファー Wilhelm Pfeffer

世界大百科事典 第2版の解説

ペッファー【Wilhelm Pfeffer】

1845‐1920
ドイツの植物生理学者。グレーベンシュタインの薬種屋の息子として生まれる。家庭教師による教育,ギムナジウムでの教育を受けたのち薬剤師試験に合格。ゲッティンゲン大学マールブルク大学で化学,薬学,植物学を修める。のち植物生理学者ザックスJ.von Sachsに師事。ボン,ライプチヒ大学などで教育に従事。浸透圧定量化屈性走性,運動生理学,酵素化学など幅広い研究を行い,現代植物生理学の基礎を築く。日本の植物生理学にも大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペッファーの関連キーワードウィルヘルム プフェッファーウィルヘルム ペッファー植物ホルモン植物回転器

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペッファーの関連情報