コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルス[アルカンタラの] Petrus

1件 の用語解説(ペトルス[アルカンタラの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルス[アルカンタラの]【Petrus】

1499‐1562
スペインフランシスコ会士,キリスト教霊性の大家。スペイン名ペドロ。アルカンタラAlcántaraに生まれ,サラマンカ大学で法律を学んだ後,フランシスコ会士になる。1524年司祭になった後,修道院長や管区長の職を歴任し,42年以来みずから厳格な修道生活を実践しながら生涯にわたって会の改革のために尽力した。彼の改革精神はアビラテレサにも多大な影響を与えている。著作《祈り・黙想論》は霊性神学上のすぐれた作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペトルス[アルカンタラの]の関連キーワードゴヤスペインフランコオヤングレンフランシスコ組曲「スペイン」スペインの歌ディエゴ=デ=サン=フランシスコバラハス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone