ペパー・トリー(英語表記)Schinus molle; pepper tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ペパー・トリー」の解説

ペパー・トリー
Schinus molle; pepper tree

ウルシ科の常緑高木で,熱帯アメリカ原産。熱帯,亜熱帯の乾燥地域に緑陰樹として栽培される。コショウボク和名もある。雌雄異株で,高さ6~18mになるが枝がしだれる傾向があり,概観シダレヤナギに似ている。樹皮は深く裂け,油分を含み薬用とされる。葉は奇数羽状複葉で長さ 25cm内外あって互生する。花は黄白色で小さく,頂生の円錐花序につく。熱帯では一年中開花する。果実はアズキ大の紅色の核果で芳香があり,ブドウ状に房になって垂れ下がり,ペルーチリなどでは酒の原料とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android