コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペブルミル ペブルミル pebble mill

1件 の用語解説(ペブルミルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペブルミル
ペブルミル
pebble mill

ケイ石その他の岩石を粉砕媒体として使用する回転粉砕機。陶磁器ガラス原料などの粉砕産物に少しでも鉄分が混入すると最終製品に着色が生じて,その価値が著しく下がるものがある。このような場合,粉砕媒体として鉄のボールや鉄の棒 (ロッド) を使用する代りに,ケイ石のような,鉄分がなくしかも硬いものが用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペブルミルの言及

【自生粉砕】より

…しかし反面,粉砕結果が鉱石の質や粒度によって左右されやすく,また電力消費がボールミルなどによる粉砕方式に比べて若干多くなる場合がある。 ふつうのボールミルとほぼ同じ形状・構造のミルに粒度調整された塊鉱やケイ石などを粉砕媒体として使用するミルはペブルミルと呼ばれている。ペブルミルは,金属鉱物資源を処理する選鉱工場ばかりでなく,粉砕時の鉄分の混入を嫌う窯業原料の微粉砕にも広く使われてきた。…

【粉砕機】より

…(3)自生粉砕ミルautogenous mill 粉砕媒体としてボールの代りに粉砕原料の塊粒子を利用する粉砕機である。通常のボールミルとほぼ同じ設計のシェルを用いた自生粉砕ミルはペブルミルと呼ばれている。粉砕媒体としての原料粒子は鉄鋼ボールに比べて概して比重が小さいため,ボールよりも大きめの塊を用いるのが普通であるが,それでも十分な粉砕力が得られがたいため,種々の自生粉砕専用の特殊ミルが開発されている。…

※「ペブルミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペブルミルの関連キーワード脈岩ロッドミル珪砂飽和アートメディアラテリトイドアルジロイド優白バナト岩オリヴィナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone