ペルオキソ硫酸アンモニウム(読み)ぺるおきそりゅうさんあんもにうむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルオキソ硫酸アンモニウム
ぺるおきそりゅうさんあんもにうむ

ペルオキソ一硫酸アンモニウム(NH4)2SO5とペルオキソ二硫酸アンモニウム(NH4)2S2O8があるが、ペルオキソ一硫酸アンモニウムは不安定で得にくいため、普通はペルオキソ二硫酸アンモニウムをさす。式量228.2。比重は1.98。
 硫酸酸性硫酸アンモニウム溶液を電解酸化して得られる。無色の結晶。湿気にあうとオゾン臭のある酸素を発生して分解する。熱すると120℃で分解して酸素を発生する。水溶液は強い酸化剤。ビニル化合物の重合開始剤として用いられる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android