コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルム諸語 ペルムしょごPermian languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルム諸語
ペルムしょご
Permian languages

ウラル語族,フィン語派の下位区分をなし,ウドムルト語コミ語の2言語から成る。話し手総数約 100万人。ウラル語一般に欠けている有声子音と無声子音の対立がある。一方,母音調和子音交替はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルム諸語【ペルムしょご】

ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン語派に属する。Permian。コミ語(ジュリェーン語とも)とウドムルト語ボチャーク語)とからなる。前者はロシアのコミ共和国とその南方カマ川上流域に話され,14世紀末からの文献をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ペルム諸語の関連キーワードフィン=ウゴル語派コミペルミャクウラル語族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android