コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシュート(和碩特)部 ホシュートぶKhoshud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシュート(和碩特)部
ホシュートぶ
Khoshud

モンゴルの4オイラート (瓦剌) 族の一部。チンギス・ハンの次弟ジョチ・ハサルの後裔が支配。 17世紀なかば,グシ・ハン (→顧実汗 ) が出るに及び,主力は青海地方に移動,チベットを征服してダライ・ラマ5世を名目上の元首に推戴した。故土に残ったホシュートは,その後ジュンガルガルダン (噶爾丹) に支配された。青海のホシュートは最初から清朝に友好的であったが,18世紀初め,ホシュート部の部長となったロブサン・ダンジンは清朝に反旗を翻したものの,戦いに敗れ,以後清朝に服属した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホシュート(和碩特)部の関連キーワードアムルサナー(阿睦爾撒納)ガルダン(噶爾丹)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android