コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧実汗 こじつかんGu-shi-han; Ku-shih-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顧実汗
こじつかん
Gu-shi-han; Ku-shih-han

[生]1582
[没]1656
オイラート (瓦剌) 4部の一つ,ホシュート (和碩特) 部の始祖。固始汗とも書く。チンギス・ハンの弟ハサル (哈薩爾) の子孫といわれる。グシ・ハンとも呼ばれ,1606年オイラートとハルハ (哈爾哈) 部の争いを調停して受けた国師汗の称の転訛。名はトゥルバイフ Törö bayiqu。 36年ラサをたずね,黄教側の依頼を受け,同年結氷期にチョロスのバートル・フンタイジに命じて軍を南下させ青海に入り,先にハルハから追われてこの地に勢力を得ていたチョクトゥ汗を滅ぼし,38,39年にジュンガリアから残りの一族を呼び寄せて定着した。のちバートル・フンタイジに娘を与えてジュンガリアに返し,40年カムの王ペリ・ドウンユを討ち,41年大軍を率いて中央チベットに向い,翌年初めカルマ・テンキョン・ワンポ (→蔵巴汗〈ぞうはかん〉 ) を滅ぼしてダライ・ラマ5世を推戴し,ソナム・チュンペルを宰相に任命し,みずからはチベット王を称した。 53年,ダライ・ラマが清朝におもむいて封爵を受けたとき,チベットにあって遵行文義敏慧顧実汗 (じゅんぎょうぶんぎびんけいこじつかん) の称号を贈られたが,まもなく没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

顧実汗の関連キーワードホシュート(和碩特)部サンゲギャツォ蔵巴汗ラサ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android