コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ

 [EC4.1.1.32]その他がある.X-P+オキサロ酢酸&rlarrows;X+ホスホエノールピルビン酸+CO2の反応を触媒する酵素.X-PはGTP(もしくはITP).ATPのものは[EC4.1.1.49]で微生物にある.生理的には糖新生の律速酵素で,糖新生の活性が上昇するときに酵素量が増加する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼの関連キーワードアルドラーゼアコニターゼアデニル酸シクラーゼアミノレブリン酸デヒドラターゼアルギニノコハク酸リアーゼウロポルフィリノーゲンIII合成酵素欠損ATPクエン酸リアーゼエノラーゼオルニチン脱炭酸酵素加水酵素

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android