コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルブクロ(蛍袋) ホタルブクロCampanula punctata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホタルブクロ(蛍袋)
ホタルブクロ
Campanula punctata

キキョウ科の多年草で,アジア東部の温帯から暖帯に広く分布する。日本各地の山地や原野に普通に生える。短い地下茎があり,茎は直立して植物体全体に粗毛が生えている。根出葉は長さ6~15cmの三角状卵形で長い柄があり,茎の葉は長卵形で上のものほど細く,葉柄も短くなる。初夏に大きな花を下向きにつける。萼は先端が5裂し,裂片と裂片との間に外側に反曲する付属物がつく。花冠は白色または淡紫紅色で,長さ4~5cm,径 3cmほどの鐘形で内側に濃色の斑点がある。本州中部の山地に生じるヤマホタルブクロ C. punctata var. hondoensisは本種に似ているが,萼の裂片の間に付属物がない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホタルブクロ【ホタルブクロ(蛍袋) bellflower】

キキョウ科の多年草(イラスト)。山地の日当りのよい道路わきや林縁草地にふつうに生える。花は総状につき,花冠は大きくつり鐘状で,長さ4~5cmにもなり,ツリガネソウともいう。ホタルブクロの名は,花がホタルを入れる袋にたとえられたという説と,〈火垂(ほた)る袋〉つまり提灯にたとえられたものだという説がある。日本全国のほか朝鮮や中国にも分布し,夏から秋にかけて咲く。茎は高さ40~80cm,全体に白色のあらい毛が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホタルブクロ(蛍袋)の言及

【カンパニュラ】より

…キキョウ科ホタルブクロ属Campanulaの植物。Campanulaはラテン語起源のことばで,小さい釣鐘の意であり,英名も花の形が釣鐘状であるところから名付けられた。…

※「ホタルブクロ(蛍袋)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホタルブクロ(蛍袋)の関連キーワードキキョウ科

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android