コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットスポット火山 ほっとすぽっとかざん hotspot volcano

1件 の用語解説(ホットスポット火山の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ホットスポット火山

プレート境界に左右されずに孤立して活動する火山。ハワイの火山が代表例。ホットスポットは長期間安定してマグマを供給する地点で、プレート運動無関係に不動に保たれている。その下では高温のマントル・プルームが細い煙突状の上昇流を形成していると理解される。形成当初のマントル・プルームは規模がずっと大きく、莫大なマグマを生産して、インドデカン高原のような洪水玄武岩を生んだとされる。地球以外の火山は、ほとんどがホットスポット火山と考えられている。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホットスポット火山の関連キーワード孤立主義プレート境界地震南海トラフ大陸プレートプレート間地震地震帯フィリピン海プレートホットプレート冷静クレアトゥール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone