ホットスポット火山(読み)ほっとすぽっとかざん(英語表記)hotspot volcano

知恵蔵の解説

ホットスポット火山

プレート境界に左右されずに孤立して活動する火山。ハワイの火山が代表例。ホットスポットは長期間安定してマグマを供給する地点で、プレート運動と無関係に不動に保たれている。その下では高温のマントル・プルームが細い煙突状の上昇流を形成していると理解される。形成当初のマントル・プルームは規模がずっと大きく、莫大なマグマを生産して、インドのデカン高原のような洪水玄武岩を生んだとされる。地球以外の火山は、ほとんどがホットスポット火山と考えられている。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホットスポット火山の関連情報