コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホテイラン(布袋蘭) ホテイランCalypso bulbosa var.speciosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホテイラン(布袋蘭)
ホテイラン
Calypso bulbosa var.speciosa

ラン科の多年草で地生ランの1種。本州中部の亜高山帯の針葉樹林下にまれに生える。ラッキョウ状の偽鱗茎 (→鱗茎 ) を取囲むように2枚の鞘状葉を出し,その間から1枚の普通葉が出る。葉身は長さ 2.5~5cm,幅 1.5~3cmで縦ひだが目立ち,縁は波状にちぢれ,裏面は紫色を帯びる。6~7月,高さ 10~15cmの花茎の頂に1花をつける。萼片と側花弁は開出して先がとがり,淡紅色に褐色を帯び,長さ2~3cm,幅3~4mm。唇弁は名が示すように袋状に下垂し,白色で淡褐色斑があり,2裂したが前方に長くせり出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホテイラン(布袋蘭)の関連キーワードラン科