ホドナ湖(読み)ホドナこ(英語表記)Chott el Hodna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホドナ湖
ホドナこ
Chott el Hodna

アルジェリア北部,セティフ県バトナ県にまたがる浅い塩湖。サハラアトラス (アトラスサハリエン) 山脈と,テルアトラス (アトラステリエン) 山脈の間,オープラトー高原東部のホドナ平野,標高 370mに位置する。両山脈の降雨が流入し,雨季 (冬) には長さ 80km,幅 15kmの湖になるが,乾季には激しい蒸発のため岩塩の底を露呈する。岩塩採掘に利用されるだけであったが,地下に大きな淡水層があり,灌漑用水としての利用が考えられている。周辺地域は水路の遺跡などからローマ時代には農業が営まれていたらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android