コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモロジー代数学 ホモロジーだいすうがくhomological algebra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモロジー代数学
ホモロジーだいすうがく
homological algebra

位相幾何学におけるホモロジー群の理論 (ホモロジー論) が進むにつれて,そこで用いられる方法が,いままで個々別々に研究されてきた代数学の種々の問題を統一的に取扱うのに非常に有力であることが明らかになってきた。第2次世界大戦後にこのようにして確立された一般的体系をホモロジー代数と呼んでいるが,これは数学の他の分科に対しても大きな影響を与えつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホモロジー代数学の関連キーワードS. マックレーンアンリ カルタンマックレーン位相幾何学セール

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android