コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモ・ソシオロジクス ほも・そしおろじくす

2件 の用語解説(ホモ・ソシオロジクスの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ホモ・ソシオロジクス

自発的に役割形成を行ったり、役割距離をとったりという自由をもたず、あらかじめ定められた1つの役割を100%遂行するだけの人間のこと。つまり役割と個人が完全に同一化された状態のモデルで、社会学者のラルフ・ダーレンドルフが用いた概念。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホモ・ソシオロジクス
ほもそしおろじくす
homo sociologicusラテン語

社会学的人間という意味で、ドイツの社会学者ダーレンドルフが1959年に著作の表題に用いたことば。現代社会学の主流的理論では、個人を、社会のなかで一定の地位を占め、課せられた役割を遂行するものとしてとらえ、この観点から社会と個人の関係、社会構造とその変動を明らかにしようとしているが、社会学的研究のために現実の人間から抽象されたこのような社会的役割担い手としての人間像ホモ・ソシオロジクスである。[森 博]
『R・ダーレンドルフ著、橋本和幸訳『ホモ・ソシオロジクス』(1973・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホモ・ソシオロジクスの関連キーワード殉死労作教育役割距離役割形成役割理論メンバーシップ自発的部署自発運動タッチジャッジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone