コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルモンの病気と全身の骨の変化 ほるもんのびょうきとぜんしんのほねのへんか

1件 の用語解説(ホルモンの病気と全身の骨の変化の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほるもんのびょうきとぜんしんのほねのへんか【ホルモンの病気と全身の骨の変化】

 骨の形成や維持、あるいは骨の成長に必要なホルモンがいくつかありますが、その代表的なものを表「ホルモンの病気と全身の骨の変化」に示してみました。
 骨にかかわるホルモンには、成長ホルモンのように、おもに骨のたんぱく質の形成に重要な役割をはたすものと、ビタミンD(最近ではホルモンとして扱われることが多い)のように、カルシウムやリン(これらを骨塩(こつえん)という)の沈着に重要な役割をはたすものがあります。
 しかしビタミンDも、とりすぎれば、骨から血液中にカルシウムが溶け出し、その結果、骨はもろくなります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone