コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルモンの病気と全身の骨の変化 ほるもんのびょうきとぜんしんのほねのへんか

1件 の用語解説(ホルモンの病気と全身の骨の変化の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほるもんのびょうきとぜんしんのほねのへんか【ホルモンの病気と全身の骨の変化】

 骨の形成や維持、あるいは骨の成長に必要なホルモンがいくつかありますが、その代表的なものを表「ホルモンの病気と全身の骨の変化」に示してみました。
 骨にかかわるホルモンには、成長ホルモンのように、おもに骨のたんぱく質の形成に重要な役割をはたすものと、ビタミンD(最近ではホルモンとして扱われることが多い)のように、カルシウムやリン(これらを骨塩(こつえん)という)の沈着に重要な役割をはたすものがあります。
 しかしビタミンDも、とりすぎれば、骨から血液中にカルシウムが溶け出し、その結果、骨はもろくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ホルモンの病気と全身の骨の変化の関連キーワード佝僂病骨膜槌骨骨の髄まで海綿骨骨端成長板ヴァイゲルトの法則ワイゲルトの法則骨端線 (epiphyseal line)骨端板 (epiphyseal cartilage plate)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone