ホワイトバランス (カメラ)(読み)ほわいとばらんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホワイトバランス (カメラ)

デジタルカメラやビデオにおいて、色温度の異なる光源下でも、被写体を自然に写すための設定項目。白を白く写すことが基準となるため、ホワイトバランスと呼ばれる。カメラ、ビデオでは通常、太陽光、くもり空、蛍光灯下、白熱球下などの設定が用意されており、これがフィルムにおける色温度設定に相当する(→色温度)。また、ホワイトバランスを自動的に判別する「オートホワイトバランス」機能が搭載されている。ただ、これらの機能は、撮影すると、実際の色とは大きくかけ離れることも多い。後からホワイトバランスを調整できるRAW画像で撮影しておくことも、場合によっては必要だ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android