白熱灯(読み)ハクネツトウ

リフォーム用語集の解説

ガラス球内のフィラメント(抵抗体)のジュール熱による輻射を利用した電球を使った灯りのこと。電力の多くが赤外線として放出されるため発光効率が低い。しかし、発光の原理上放射光の分光分布が黒体放射に近く、一般の人工光源の中では演色性に特に優れている。市販されている白熱電球の多くは1000~2000時間の寿命。現在、地球温暖化防止・環境保護の観点から電力消費が多く短寿命な白熱電球から蛍光灯に移行する取り組みが行われている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白熱灯の関連情報