コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトバランス (カメラ) ほわいとばらんす

1件 の用語解説(ホワイトバランス (カメラ)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホワイトバランス (カメラ)

デジタルカメラビデオにおいて、色温度の異なる光源下でも、被写体を自然に写すための設定項目。白を白く写すことが基準となるため、ホワイトバランスと呼ばれる。カメラ、ビデオでは通常、太陽光、くもり空、蛍光灯下、白熱球下などの設定が用意されており、これがフィルムにおける色温度設定に相当する(→色温度)。また、ホワイトバランスを自動的に判別する「オートホワイトバランス」機能が搭載されている。ただ、これらの機能は、撮影すると、実際の色とは大きくかけ離れることも多い。後からホワイトバランスを調整できるRAW画像で撮影しておくことも、場合によっては必要だ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトバランス (カメラ)の関連キーワードDVカメラデジカメデジタルビデオカメラビデオカメラ画像エンジンコンパクトデジタルカメラスチールカメラビデオケーブルビデオ出力モニタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone