ホワイトバランス(読み)ホワイト バランス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホワイトバランス

デジタルカメラやビデオで、光源の違いによる色の変化を補正し、被写体を自然に写すための機能。白を白く写すことが基準となるため、ホワイトバランスと呼ばれる。デジタルカメラやビデオカメラでは、ホワイトバランスを調整するために、太陽光、くもり空、蛍光灯下、白熱球下などの設定が用意されている。また、ホワイトバランスを自動的に判別する「オート・ホワイトバランス」機能が搭載されていることも多い。なお、撮影後の画像でも、対応するパソコンの画像処理ソフトを使うと、ホワイトバランスを調整できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐バランス(white balance)

デジタルカメラやビデオカメラが搭載する、色調補正の機能。太陽光、白熱灯、蛍光灯、フラッシュなど異なる光源の下で変化する白色を、適確な白さに写せるように色調を補正する。カメラが自動的に調整するオートホワイトバランス、あらかじめ光源ごとに調整された設定を選択するプリセットホワイトバランス、ユーザーが手動で設定するマニュアルホワイトバランスなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ホワイトバランス

 光源 の違いによる色の偏りをととのえる機能。光源にはそれぞれ色温度(ケルビン度数値で表される)があって、色温度が高くなると青っぽく、低くなると赤っぽく写ってしまう。これを自動的に補正する「オートモードや、昼間の太陽光、電灯光、蛍光灯などの光源にあらかじめ適応させた「プリセット」モードから選択できるデジタルカメラが多い。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報