コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトバランス ホワイト バランス

4件 の用語解説(ホワイトバランスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホワイトバランス

デジタルカメラビデオで、光源の違いによる色の変化を補正し、被写体を自然に写すための機能。白を白く写すことが基準となるため、ホワイトバランスと呼ばれる。デジタルカメラやビデオカメラでは、ホワイトバランスを調整するために、太陽光、くもり空、蛍光灯下、白熱球下などの設定が用意されている。また、ホワイトバランスを自動的に判別する「オート・ホワイトバランス」機能が搭載されていることも多い。なお、撮影後の画像でも、対応するパソコン画像処理ソフトを使うと、ホワイトバランスを調整できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ホワイトバランス

デジタルカメラやフォトレタッチ・ソフトで、光の具合や光源の種類によって色合いが変わってしまうのを補正する機能です。白い部分を基準にするためこの名前が付きました。
⇨フォトレタッチ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐バランス(white balance)

デジタルカメラやビデオカメラが搭載する、色調補正の機能。太陽光、白熱灯、蛍光灯、フラッシュなど異なる光源の下で変化する白色を、適確な白さに写せるように色調を補正する。カメラが自動的に調整するオートホワイトバランス、あらかじめ光源ごとに調整された設定を選択するプリセットホワイトバランス、ユーザーが手動で設定するマニュアルホワイトバランスなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

ホワイトバランス

 光源 の違いによる色の偏りをととのえる機能。光源にはそれぞれ色温度(ケルビン度数値で表される)があって、色温度が高くなると青っぽく、低くなると赤っぽく写ってしまう。これを自動的に補正する「オート」モードや、昼間の太陽光、電灯光、蛍光灯などの光源にあらかじめ適応させた「プリセット」モードから選択できるデジタルカメラが多い。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトバランスの関連キーワードDVカメラデジカメデジタルスチルカメラデジタルビデオカメラコンパクトデジタルカメラスチールカメラビデオケーブルデジタルカメラマガジン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイトバランスの関連情報