コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワン(黄)山 ホワンさんHuang shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワン(黄)山
ホワンさん
Huang shan

中国東部,アンホイ (安徽) 省南部にある名山。チャン (長) 江水系とチエンタン (銭塘) 江水系との分水界をなす丘陵地の中央にそびえる。 72峰といわれる山頂が連なり,氷食によるU字谷が残り,懸崖絶壁や奇岩が続く。平均標高は 1000mで,最高峰のリエンホワ (蓮花) 峰は 1873m。古くから文人墨客に称賛され,6世紀以降各時代の詩文や経文が刻まれた石刻が点在する。人民共和国成立後は登山道や宿泊設備が整備,建設され,温泉もあるため,行楽・療養地となっている。山麓では茶が栽培され,マオフォン (毛峰) 茶,ユンウー (雲霧) 茶の名で知られている。漢方薬材の産出も多い。 1990年世界遺産の文化,自然の複合遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホワン(黄)山の関連キーワードホワンシャン(黄山)特別市チエンタン(銭塘)江チンイー(青弋)江アンホイ(安徽)省ウーユワン県ポー(鄱)江

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android