ホーエンチュービンゲン城(読み)ホーエンチュービンゲンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ホーエンチュービンゲン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ホーエンチュービンゲン城】

Schloß Hohentübingen》ドイツ南西部、バーデン‐ビュルテンベルク州の大学都市、チュービンゲンにある城。11世紀に創建され、16世紀にルネサンス様式の城館に改築。1812年にチュービンゲン大学の所有となり、現在は一部が古代史博物館として公開されている。ホーエンテュービンゲン城。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android