コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーコン[1世] Håkon I

世界大百科事典 第2版の解説

ホーコン[1世]【Håkon I】

?‐959?
ノルウェー王。在位933?‐959年。ハーラル1世美髪王の庶子。善王とも呼ばれる。イングランド王エセルスタン(ノルウェー名Adalstein)に養育される。父王没後帰国し,兄エイリク血斧王を追って王位に就く。デンマーク王の助力を得て来攻する兄エイリクの息子たちを数度にわたって撃退。ノルウェーを四分する広域集会のうち二つはホーコンの創設とされ,また外敵の侵入に備える海防機構レイザングの創出者で,父王以来のノルウェーの統一事業をすすめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホーコン[1世]の関連キーワード明宗明宗[後唐]外国法人明宗(後唐)燕雲十六州小宮久美子コンスタンティノス[7世]世宗エドウィゲネシオス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android