コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーラル1世 ハーラルいっせいHarald I, Hårfager

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーラル1世
ハーラルいっせい
Harald I, Hårfager

ノルウェー王 (在位 872頃~940頃) 。ノルウェー最初の統一王権をつくり上げたといわれる。スウェーデンの名族インリング王家の末裔と伝えられる南東ノルウェーの王 (当時ノルウェーには小王が割拠していた) ハルダン黒王の子。次々と各地の王を破り,ハフルスフィヨルドの海戦 (伝説では 872) でほぼ全土を統一。若いときに統一事業の成るまで髪を切らない誓いを立て,「蓬髪のハーラル」と呼ばれ,成功後髪を整え,「美髪のハーラル (美髪王) 」と呼ばれた。アイスランドの植民は,ハーラル1世の支配を逃れたノルウェー豪族,自由農民の移住によると,アイスランドの「サガ」は伝えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーラル1世の関連キーワードエーリック[ノルウェー王]ホーコン[1世]ユングリング家ノルウェー文学ノルウェー史ホーコン1世インリング朝オーラフ1世ベルセルクテンスベルヘウゲスンノール人ロロ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android