コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホージャ Khōja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホージャ
Khōja

イスラム社会における身分の称号。本来は貴族の意で,尊称として用いられることが多かったが,のちには特定の家系である東トルキスタンイスラム貴族をさすようになった。この家系は 15世紀頃から栄えたが (→カシュガル・ホージャ家 ) ,18世紀中頃には清朝に壊滅的な打撃を受け滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホージャの関連キーワードジハンギール・ホージャクーヘ・ホージャ遺跡チャガタイ・ハン国ジョーホイ(兆恵)カシュガル・ハン国カラ・コユンル朝ヤクブ・ベクイスラム社会中央アジア史平定回疆方略ティムール喀什噶爾ウイグル宦官回部

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android