コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホータオ(河套)平原 ホータオへいげんHetao pingyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホータオ(河套)平原
ホータオへいげん
Hetao pingyuan

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区中部,インシャン (陰山) 山脈とオルドス (鄂爾多斯) 高原にはさまれて東西に延びる平原。ホワン (黄) 河の湾曲部が形成した沖積平野で,標高約 1000m。西部は支流のウーチヤ (烏加) 河,東部はターヘイ (大黒) 河の沖積地と複合しており,狭義にはウーチヤ河流域のホウタオ (後套) 平原だけをさす。唐代から灌漑水路が開かれ,「塞上の江南」と呼ばれてきた。人民共和国成立後はダムが建設され,用水路の開削,改修が進んだ。また西方のウランプー (烏蘭布和) 砂漠からの飛砂を防ぐ植林も進んでいる。コムギ,雑穀,ジャガイモ,トウモロコシ,ゴマ,テンサイ,タバコ,カンゾウなどが栽培される。東部に省都のフフホト (呼和浩特) 特別市,中部に工業都市のパオトウ (包頭) 市がある。水運にも恵まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホータオ(河套)平原の関連キーワードホワン(黄)河

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android