コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホータン(和田)市 ホータンHotan

1件 の用語解説(ホータン(和田)市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホータン(和田)〔市〕
ホータン
Hotan

中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区南部の市。ホータン地区の行政中心地がある。南部はクンルン (崑崙) 山脈,北部はタクラマカン (塔克拉瑪干) 砂漠が占める。ユルンカシュ (玉竜喀什) 川とカラカシュ (喀拉喀什) 川が北流し,ホータン川となって砂漠に消える。中心地域は両川にはさまれた山麓のオアシスで,漢代からは于 闐 (和 闐) 国 (→ホータン国 ) が栄え,また中国と西アジアを結ぶ西域南道の要衝であった。「崑崙の玉」と呼ばれる軟玉と薄絹織物の産地としても広く知られた。オアシスではコムギの栽培と養蚕が盛ん。発電所もあり,伝統的な絹織物,絨毯などのほか製鋼,農機具,食品加工などの工場が立地する。人口 13万 9605 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone