ホーンスビー(読み)ほーんすびー(英語表記)Rogers Hornsby

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホーンスビー」の解説

ホーンスビー
ほーんすびー
Rogers Hornsby
(1896―1963)

アメリカのプロ野球選手(右投右打)、監督。1915年から大リーグ(メジャー・リーグ)のセントルイス・カージナルス、ニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)、ボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)、シカゴ・カブス、セントルイス・ブラウンズ(現ボルティモア・オリオールズ)でおもに二塁手、遊撃手として活躍、通算打率歴代2位の3割5分8厘を残し、24年には1900年代以降の近代野球最高打率4割2分4厘を記録、史上最高の右打者といわれている。

 4月27日、テキサス州のウインタースで生まれる。守備位置が二塁に定着した1920年から6年続けて首位打者を獲得、とくに21年から5年間の全盛期の平均打率は4割2厘という高打率を残した。1922年には、打率4割1厘、ホームラン42本、打点152で初の三冠王を獲得した。1925年7月、カージナルスの選手兼任の監督に就任。同年チームは4位に終わったが、打率4割3厘、ホームラン39本、打点143で2回目の三冠王を獲得するとともに、初の最優秀選手(MVP)に輝いた。1926年にはワールド・シリーズを制覇、選手兼任の監督生活はその後、29年を除いて37年のブラウンズまで続き、現役引退後はマイナー・リーグで監督やコーチを15年間にわたって務めた。1952年にブラウンズの監督として大リーグに復帰したが、同年6月9日に解雇。しかし、8月1日にシンシナティ・レッズに監督として迎え入れられ、翌53年のシーズン終了間際に解雇されるまで指揮をとった。

 選手としての23年間の通算成績は、出場試合2259、安打2930、打率3割5分8厘、本塁打301、打点1584。獲得したおもなタイトルは、首位打者7回、最多安打4回、本塁打王2回、打点王4回、MVP2回。監督としての通算成績(14年)は、701勝812敗、リーグ優勝1回、ワールド・シリーズ優勝1回。1942年に野球殿堂入り。

[出村義和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android