コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイル(貝爾)湖 ボイルこBoir hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイル(貝爾)湖
ボイルこ
Boir hu

モンゴル高原の東部にある湖。モンゴルと中国内モンゴル (蒙古) 自治区のフルンボイル (呼倫貝爾) 盟にまたがる。東岸からハルハ (哈爾哈) 川が流入し,北岸からオルション (烏爾遜) 川が流出している。満州国を支配していた日本とモンゴルを支援していた旧ソ連との間で帰属が争われた地で,ノモンハン事件後,ハルハ川とともに境界の一部と定められた。付近で天然ソーダが採取される。周辺は豊かな牧草地で,ウシ,ウマ,ヒツジが放牧されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボイル(貝爾)湖の関連キーワードフルンボイル(呼倫貝爾)高原フルン(呼倫)湖

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android