天然ソーダ(読み)テンネンソーダ

デジタル大辞泉「天然ソーダ」の解説

てんねん‐ソーダ【天然ソーダ】

天然に産する炭酸塩鉱物の総称炭酸ナトリウム水和物炭酸水素ナトリウムを主成分とするナトロンセスキ炭酸ナトリウムからなるトロナなど。アフリカ北米、中国、インドなどで産出する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「天然ソーダ」の解説

てんねんソーダ【天然ソーダ natural soda】

天然に存在する炭酸ナトリウム(ソーダ)質の資源をいう。北アメリカ,アフリカ,旧ソ連南部,インド,中国などに産出する。降雨の少ない乾燥地帯で,ソーダ分を高濃度に含む鹹(かん)湖が蒸発して層状に生成している例が多い。日本には存在しない。ケニア,アメリカの天然ソーダのみは工業的に利用されている。鉱床はトロナtronaと称し,成分はNa2CO3・NaHCO3・2H2O(セスキ炭酸ナトリウム)である。採掘,焙,水溶解,再結晶などの精製工程を施して,炭酸ナトリウムを製造する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天然ソーダの言及

【炭酸ナトリウム】より

…水溶液は加水分解して強いアルカリ性を示し,二酸化炭素を吸収して炭酸水素ナトリウムを生成する(CO2の吸収率は50℃で最大)。 Na2CO3+H2O⇄NaOH+NaHCO3 Na2CO3+CO2+H2O―→2NaHCO3【藤本 昌利】
[工業的製造法]
 工業塩NaClの分解により製造する方法,苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の炭酸化,天然ソーダの精製,の3方式がある。日本ではおもに工業塩から製造する方法によるが,必要に応じ苛性ソーダの炭酸化も行われている。…

※「天然ソーダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android