コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグドオーラ[山] Bogd uul

1件 の用語解説(ボグドオーラ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボグドオーラ[山]【Bogd uul】

モンゴル語で聖山という意味。この名を冠した山は多いが,以下の2山が有名。(1)天山山脈東部,トゥルファン盆地の北方にある高さ5445mの山。かつて貪汗山と称され,その北麓は遊牧民の拠る所であった。(2)モンゴルの首都ウランバートル南郊にある山。最高峰は2257m。北斜面は森林が茂り野獣が豊かである。この付近に12世紀にケレイト部のオン・ハンが拠り,のちジェブツンダンバ・フトクトが居し,それが今のウランバートルの基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone