コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグドオーラ[山] Bogd uul

1件 の用語解説(ボグドオーラ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボグドオーラ[山]【Bogd uul】

モンゴル語で聖山という意味。この名を冠した山は多いが,以下の2山が有名。(1)天山山脈東部,トゥルファン盆地の北方にある高さ5445mの山。かつて貪汗山と称され,その北麓は遊牧民の拠る所であった。(2)モンゴルの首都ウランバートル南郊にある山。最高峰は2257m。北斜面は森林が茂り野獣が豊かである。この付近に12世紀にケレイト部のオン・ハンが拠り,のちジェブツンダンバ・フトクトが居し,それが今のウランバートルの基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボグドオーラ[山]の関連キーワードゴビ砂漠モンゴル相撲モンゴル語モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区極聖蒙古戈壁磯野富士子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone