コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグドゲゲン Bogdo Gegen

1件 の用語解説(ボグドゲゲンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボグドゲゲン【Bogdo Gegen】

モンゴリアの最高の活仏で黄帽派(ゲルー派)ラマ教主の通称。ボグドゲゲンとはモンゴル語で〈聖光明者〉の意。正式の称号はジェブツンダンバ・フトクトRje btsun dam pa khu tug tu(哲布尊丹巴呼図克図)。ボグドゲゲンはチベットターラナータTāranāthaの化身とされる。初代ボグドゲゲン(1635‐1723)は外モンゴリアのハルハ族の大領侯トシエト・ハーンの子として生まれ,1691年(康熙30)外モンゴリアが清朝に服属した際,清朝のために積極的に協力したことから清朝に重んじられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボグドゲゲンの言及

【慶寧寺】より

…モンゴル名アマルバヤスフラントヒート。外モンゴリアの黄帽派(ゲルー派)ラマ教主ボグドゲゲン1世(1635‐1723)の菩提寺として清の雍正帝の命により,1727年(雍正5)着工,1736年(乾隆1)完成。清代にモンゴル人ラマ教徒の巡礼の聖地として栄え,19世紀末に寺僧2000余人を擁したという。…

【ラマ教】より

…これが外モンゴリア最古の今に残るエルデニ・ズーである。17世紀後半にアバダイ・ハーンの曾孫にボグドゲゲンと呼ばれる活仏が出て,ダライ・ラマ5世の指導の下に黄帽派の普及に尽力した。清朝もこの活仏を手厚く保護したので,その晩年に当たる18世紀初めには,外モンゴリアでのその勢威は並びないものとなった。…

※「ボグドゲゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボグドゲゲンの関連キーワード黄教紅帽派黄帽派ツォンカパテオーリアモンゴルあんごりモンゴリアンサントリーサンゴリアスランゴリアーズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone