コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボズネセーニエ教会 ボズネセーニエキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ボズネセーニエ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ボズネセーニエ教会】

Tserkov' VozneseniyaЦерковь Вознесения》ロシア連邦の首都モスクワの南部、コローメンスコエ史跡公園にあるロシア正教会の教会。ロシア語で「主の昇天教会」を意味する。16世紀に後のイワン4世の誕生を祝して建造。同地の建物の中で最も古い。ビザンチン様式の影響を離れ、ロシア古来の建築技術を伝えるシャチョール(天幕型)と呼ばれる八角錐の木造の屋根をもつ。1994年に「コローメンスコエの主の昇天教会」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ボズネセニエ教会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボズネセーニエ教会の関連キーワード主の昇天教会スモレンスカヤ教会預言者イリヤ聖堂イリヤプロローク聖堂スパスカヤ教会聖ボリスグレブ教会聖ボリスとグレブ聖堂ニコラエフスカヤ教会プレオブラジェンスカヤ教会ポクロバナネルリ教会

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android