コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボチャーク語 ボチャークご

百科事典マイペディアの解説

ボチャーク語【ボチャークご】

ウドムルト語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボチャークご【ボチャーク語 Votyak】

ウラル語族フィン・ウゴル語派の中でフィン語系に属し,ジリャン語(コミ語)とともにペルムPerm語派を形成している。ロシアではウドムルト語Udmurtと呼ばれ,ボルガ川の東の支流カマ川の東側と南側,すなわちウドムルト共和国を中心としバシコルトスタンタタールスタン両共和国へも広がっている。言語人口は71万4000(1979)でそのうち76.5%が母語としている。ジリャン語にきわめて近く,南方言と北方言に分かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボチャーク語
ボチャークご

ウドムルト語」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボチャーク語
ぼちゃーくご
Votyak

おもにロシア連邦ウドムルチア共和国で話されている言語で、ウドムルト語は自称だが、ボチャーク語ともよばれてきた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボチャーク語の関連キーワードフィン・ウゴル語派ウドムルト(民族)ウドムルト共和国ペルム諸語

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android