コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボチャーク語 ボチャークご

4件 の用語解説(ボチャーク語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボチャーク語【ボチャークご】

ウドムルト語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボチャークご【ボチャーク語 Votyak】

ウラル語族フィン・ウゴル語派の中でフィン語系に属し,ジリャン語(コミ語)とともにペルムPerm語派を形成している。ロシアではウドムルト語Udmurtと呼ばれ,ボルガ川の東の支流カマ川の東側と南側,すなわちウドムルト共和国を中心としバシコルトスタンタタールスタン両共和国へも広がっている。言語人口は71万4000(1979)でそのうち76.5%が母語としている。ジリャン語にきわめて近く,南方言と北方言に分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボチャーク語
ボチャークご

ウドムルト語」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボチャーク語
ぼちゃーくご
Votyak

おもにロシア連邦ウドムルチア共和国で話されている言語で、ウドムルト語は自称だが、ボチャーク語ともよばれてきた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボチャーク語の関連キーワードスカンジナビア諸語フィンウゴル語派フィン語マジャール人リーブ語ジリャン語セタラフィン・ウゴル語派ボグル語モルドビン語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone