コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボマーク Bomarc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボマーク
Bomarc

アメリカ空軍の世界最初の防空用地対空迎撃ミサイル。 1949年に開発を始め,52年試射に成功。核または高性能火薬の弾頭をつけ,補助固体燃料ロケットで垂直に発射され,ラムジェットで目標に向う超音速の無人迎撃機。有翼で,A型は,射程 400km,マッハ 2.5。B型は,射程 740km,マッハ 2.8,全長 13.7m,直径 89cm,発射重量 7260kg。地表から高度 30kmまでをカバーできる。セージ SAGEに組込まれ,2分以内に発射可能であった。A型は 64年に,B型は 72年に退役した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android