コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヤヌス器官 ボヤヌスきかんBojanus' organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボヤヌス器官
ボヤヌスきかん
Bojanus' organ

軟体動物二枚貝類の排出器官の一つ。囲心腔の下方ないし後方に1対ある。それぞれ赤褐色の腺状部 (腎臓にあたる) と管状部 (膀胱) の2つの部分から成り,後方でつながったU字状をなす。腺状部は前端で囲心腔と連絡しており,管状部はその前端部の小孔で外套腔に開口する。管状部内壁には繊毛があり,外套腔へ向う水流がみられる。このほか囲心腔の前方には囲心腺 (ケーベル器官) という排出器官があり,囲心腔に開口している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android