コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボラゾール borazole

世界大百科事典 第2版の解説

ボラゾール【borazole】

化学式B3N3H6。三塩化ホウ素と塩化アンモニウムとを反応させてトリクロロボラゾールB3N3H3Cl3をつくり,これをテトラヒドロホウ酸リチウムLiBH4で還元して得られる,無色の芳香族臭ある液体。融点-58℃,沸点53℃,比重0.81(液体,沸点近くで),1.00(固体,融点近くで)。分子構造はベンゼンと似た平面正六角形で,B-N結合はπ結合性をもつ。また水素原子はアルキル基,アリル基で置換されるなどベンゼン類似の挙動を示すため,無機ベンゼンの異名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ボラゾールの関連キーワード塩化アンモニウムホウ素化学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android