コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルサ宮殿 ボルサキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ボルサ‐きゅうでん【ボルサ宮殿】

Palácio da Bolsa》ポルトガル北西部の港湾都市ポルトの旧市街にある新古典様式の建物。同国初の鉄筋建造物の一つとして19世紀に建てられた。市の商業組合、裁判所、証券取引所として使われた。現在は商工会議所の事務所になっている。アルハンブラ宮殿を模した「アラブの間」が有名。1996年、ポルト大聖堂クレリゴス教会サンフランシスコ教会などとともに、「ポルトの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボルサ宮殿の関連キーワードAFL-CIOPAL方式ルイス(John Llewellyn Lewis)ルーサーボルサ宮電子政府ジョン・L. ルイス桜乃彩音ミーニールイス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android