コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルン近似 ボルンきんじBorn approximation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルン近似
ボルンきんじ
Born approximation

量子力学的な衝突問題を摂動論で扱うときの近似法で,M.ボルンによって提唱された。入射粒子の運動エネルギー H0 に比べて衝突粒子間の相互作用のエネルギーが小さいとき,遷移の振幅を,相互作用の強さを表わすパラメータλのべき級数で表わして計算する。λの相互作用によって始状態から終状態への直接の遷移,λ2 の項は1つの中間状態を経由する遷移,λ3 の項は2つの中間状態を経由する遷移を表わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボルン近似の関連キーワードファンホーヴェの散乱公式パラメータ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android