ボルン近似(読み)ボルンきんじ(英語表記)Born approximation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルン近似
ボルンきんじ
Born approximation

量子力学的な衝突問題を摂動論で扱うときの近似法で,M.ボルンによって提唱された。入射粒子の運動エネルギー H0 に比べて衝突粒子間の相互作用のエネルギーが小さいとき,遷移の振幅を,相互作用の強さを表わすパラメータλのべき級数で表わして計算する。λの相互作用によって始状態から終状態への直接の遷移,λ2 の項は1つの中間状態を経由する遷移,λ3 の項は2つの中間状態を経由する遷移を表わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android